昨日はサイクリングを急遽入れたため、ブログ更新ができなくなったため、代わりに今日更新します。

DSC_3030

川口駅東口の地下にある自転車駐輪場です。竣工年は1970年代頃とかなり古いです。入口は少し分かりにくいところにあります。

DSC_3017

川口駅の周辺は公衆トイレがありませんので、この地下駐輪場のトイレが公衆トイレの役割をもっています。そのためトイレまでの地図が掲示してあります。

またこの物件は、ブログ記者様のT.O氏も取材されているようなので、よろしければこちらもご覧ください。

http://toilet-club.blog.jp/archives/8248394.html

男性トイレ🚹️
多機能トイレなし
★器具カラー/ホワイト「TOTO品番 #NW1」

DSC_3021

洗面台はTOTOのL220を3台使用しています。蛇口は単式ハンドル式水栓です。2台に液体石鹸が設置されています。ロゴは通行人が非常に多く取材できませんでしたが、toyotokiの可能性があります。

DSC_3018
DSC_3019

小便器はTOTOのU37が5台、INAXのUー411Rが1台の計6台設置されています。配置はUー411R×1・U37×2のAチーム「自分で名付けましたw」3台、オールU37のBチーム3台の配置です。
洗浄方式はハイタンクによる連立一斉洗浄です。手すりは両チームとも設置されていません。

DSC_3020

U37のロゴは一見普通の「TOTO」ロゴなのですが、色合いが若干違いますね。そうです、ここはtoyotokiから現TOTOマークになるまでのほんの僅かな期間だけ使われていた初期TOTOマークなのです。確か1971年頃に使われていたと思われ、なかなか見かけないレアなロゴになっています「toyotokiよりもレア度はさらに高いと思われる」

DSC_3028

ハイタンクはAチーム側はTOTOのS28を使用していますが、

DSC_3029

ロゴは何と!!例のtoyotokiです。恐らく竣工当初から使用していると思われます。昔の器具あるあるのJISーVもしっかり付いています。

DSC_3025


一方Bチーム側のハイタンクはS408Bを使用しています。こちらは普通のTOTOロゴです。

DSC_3024

大便器個室は和式3室「うち1室は使用中だが洋式か和式かは現時点では不明」で、INAXの掃除口付きCー852BMを使用しています。洗浄方式は押し棒式フラッシュバルブです。後年「2000年代前半頃?」に交換され、以前はtoyotokiのC75を使用していた可能性があります。大便器個室内はかなり狭いです。狭いため手すりの設置もありません。

悪臭★★★★☆
設備★★☆☆☆
使いやすさ★☆☆☆☆
混雑度★★★☆☆
キレイさ★☆☆☆☆
総合評価★☆☆☆☆

古いため陳腐化が激しく、悪臭あり、大便器個室は和式のみと使いにくいトイレです。どちらかというと通行人よりもバスのドライバーさんが使用する印象です。綺麗で使いやすいトイレをお求めの方は、近くの川口そごうまたはキュポ・ラのトイレを使用するといいでしょう。
また、トイレ前の通行人が非常に多く、撮影には苦労を強いられました。特にラッシュ時間帯は特に多いためおすすめできません。休日の早朝や夜間に取材されることをおすすめします。

DSC_2833

新潟県糸魚川市の中心駅。北陸新幹線やえちごトキめき鉄道「日本海ひすいライン」、大糸線が発着しています。北陸新幹線や大糸線は新潟県ですが、大阪を本社に置くJR西日本が運営しています。えちごトキめき鉄道のこの区間「直江津~市振」では数少ない有人駅です。

男性トイレ🚹️
多機能トイレ「男女兼用1室」
★器具カラー/パステルアイボリー(TOTO品番 #SC1)

DSC_2827

洗面台はTOTOのL520を1台使用しています。蛇口は自動水栓です。最近感染症対策として石鹸が追加されている例が増えていますが、残念ながらこちらには設置されていません。手すりを併設しています。

DSC_2826

小便器はTOTOのUS800CEを1台使用しています。手すりを併設しています。Caimicサニタイザーはありませんが、小便器内に、緑色の芳香剤のようなものが入っています。

DSC_2829

大便器個室は洋式1室のみで、TOTOのC480Sを使用しています。便座はウォシュレットKM(TCF8GM23)です。
大便器個室内にも手すりを併設しています。

DSC_2832

大便器個室内には乳児用器具としてベビーチェアが設置されています。

多機能トイレ♿️
配置は右勝手

DSC_2817

洗面台はTOTOのL270Dを使用しています。蛇口はアクアオートです。残念ながらこちらも石鹸はありません。

DSC_2819

大便器は、TOTOのC480Sを使用しています。便座はウォシュレットKB(TCF8GM23)です。画像を見る限り、肝心の操作盤はどこぞや?!と思いますよね。

DSC_2820

この操作盤は、こちらに設置されています。スペースの関係上、便器本体から少し離れた壁にあります。なかなか面白い位置にありますね。使える機能は、「おしり」、「やわらか」、「ビデ」といったメインの機能はほぼ全て揃っています。

DSC_2825

多機能トイレ内にはベビーチェアが設置されています。

DSC_2816

そして多目的シートが設置されています。多目的シートの設置はかなり大きいですね。

DSC_2823

さらに、TOTOのトルネード洗浄式、SK117まで設置されています。オストメイト・乳児用器具はほとんど揃っている万能な多機能トイレですね。

悪臭☆☆☆☆☆
設備★★★★☆
使いやすさ★★★★☆
混雑度★★☆☆☆
キレイさ★★★★☆
総合評価★★★★☆

全ての洋式個室にウォシュレット、多機能トイレに多目的シートや汚物流しが設置されており、設備がかなり充実している素晴らしいトイレです。恐らく今年取材した記事の中で1番評価が高いトイレになります。唯一残念だったのが、石鹸が設置されていなかったところです。最近では東武鉄道や京成電鉄など様々な鉄道会社でシャボネットなどの液体石鹸を設置するようになったので、こちらは新潟県の中小規模の鉄道会社ですが、今からでも遅くないので石鹸を設置して欲しいところです。

DSC_2720


東武東上線の主要駅、ここから快速急行やTJライナーなどといった優等種別は各駅に停車します。当駅からは免許センター行きや、熊谷駅行きの路線バスが発着しています。

男性トイレ🚹️
多機能トイレ(男女兼用1室)
★器具カラー/パステルアイボリー(TOTO品番 #SC1)
DSC_2715


洗面台は、TOTOのL520を使用しています。蛇口は自動水栓です。最近東武鉄道の駅で急速に増えつつある、市販の石鹸(シャボネット)が設置されています。東武鉄道の他、小田急や京王などでも石鹸の設置駅が増えています。

DSC_2714

小便器はTOTOのUS800CEを2台使用しています。2台中1台に手すりを併設しています。Calmicサニタイザーを併設しています。

DSC_2716

大便器個室は和洋各1室で、和式はTOTOのC755VUを使用しています。和式個室内に手すりを併設しています。駅トイレの和式は、特にJR東日本で急速に数を減らしつつあり、他の鉄道会社でも数が少なくなっています。荷物置きが前部に設置されています。

DSC_2717

もう一方の大便器個室はは、TOTOのC480Nを使用しています。便座は普通便座です。背もたれが設置されており、また手すりを併設しています。東武鉄道では、最近新設・改修された駅を中心に温水洗浄便座の設置駅が増えつつありますが、JR東日本や西武などで行われている“”現存トイレ“”の温水洗浄便座追加は行われていないようです。故に、改修・交換する際は全面改修をするパターンが多いようです。

DSC_2718

洋式個室側にはベビーチェアが設置されています。

多機能トイレ♿️
配置は左勝手

DSC_2710

洗面台は、TOTOのL270Dを使用しています。蛇口はアクアオート(恐らく)です。こちらもシャボネットが設置されていますが、盗難した客がいたため、ガムテープで固定されています。見た目は悪いですが、盗難防止を考えると致し方ありません。

DSC_2711

張り紙にもしっかりその旨が書いてあります。持ち去るのはよろしくないですし、犯罪にもなるのでやめて欲しいですね。

大便器は、汚物があったため取材はしておりません。ご了承ください。器具は男性トイレと同様、C480Nで普通便座でした。

DSC_2705

多機能トイレ内には、オストメイト器具としてTOTOのSK35が設置されています。

DSC_2706

品番表記は、いつものシールではなく、ロゴ付きの特注品になっていました。しかし剥がれかけていました。

DSC_2708

また、多目的シートが設置されています。JR東日本や東京メトロなど各鉄道会社の多くの駅がベビーシート止まりの駅が多い中この設備はかなり豪華ですね。

悪臭★★★☆☆
設備★★★☆☆
使いやすさ★★☆☆☆
混雑度★★☆☆☆
キレイさ★★☆☆☆
総合評価★★☆☆☆

多機能トイレに汚物流しや多目的シートが設置されており、設備面に関してはかなり良かったのですが、タバコの臭いがすごいです。タバコの吸い殻は見つかっていませんが、トイレ内で喫煙してた可能性があるので、トイレ内で喫煙するのは絶対にやめていただきたいです。また石鹸の盗難もあったらしいのでそれもやめていただきたいです。

↑このページのトップヘ