2019年04月

こんにちは(^_^)平成も今日で終わりですね。
当ブログにお越し頂きありがとうございます。令和時代もよろしくお願いします(^_^)
今回からしばらくは、旅行で行った山梨県&長野県のトイレ記事をご紹介します。標高が高いので、トイレの質も変わっていきます。

まずはこちらをご覧ください。

DSC_1491

今回は、鉄道マニアで有名の、野辺山駅です!
JR線で日本一高い場所にある駅として全国的に知られています。
DSC_1510

DSC_1508

他にもJR日本最高地点の場所には、令和をイメージしたヒツジの看板や、「JR日本最高地点の塔」などがありました。みなさんも一度はぜひ訪れてみてみては?

さて本題に入ります。今回のトイレはレア器具付きなので最後までお付き合いください。

DSC_1522


今回はこの日本最高地点の位置にあるこちらの建物です。飲食店になっていて、信州そばやお焼きなどの郷土料理を出してくれるお店です。自分は山菜そばと野沢菜のおやきを注文しました。どれもTHE信州の味でした(^_^)
さぁトイレはどこにあるのか?

DSC_1519

この建物を見ると地下は無いように見えますがトイレは地下に隠されています。マリオのスターコインが見つからないのと同じような意味になりますねw

DSC_1512

外観です。古そうな感じですね。トイレも期待していてくださいね~

DSC_1516


洗面台はTOTOのL5を使用しています。古い建物にあるあるです。ここだけ見ると至って普通に見えますが~

DSC_1514


小便器はTOTOのU29「もどき」を4台使用しています。4台は飲食店では多いような気もしますが…
「もどき」ということは~~


DSC_1515



普通のTOTOの小便器は便器の上にTOTOと書かれていますがここは書かれていません。さらに押しボタンのデザインも違います。実はこれ、TOTOではないのです~当ブログ初のメーカー不詳特集になります~
メーカーが分かる方教えてください~

DSC_1517


大便器は洋式1室のみです。既に2018年1月に訪れていますがその時は和式でした。
便座はINAXの暖房便座ですが~~
DSC_1518



このように、便器内部に丸い穴がありますよね~同じINAXでもこう違うとは…寒冷地用かもしれません…
初めて見るデザインです。和式時代も変わったデザインをしていました。

悪臭★☆☆☆☆
設備★★☆☆☆
使いやすさ★★★☆☆
混雑度★☆☆☆☆
雰囲気「快適度」★★★★☆
総合評価★★★☆☆

今回も、板橋よりお届けします~2019年3月に改修「リニューアル」された板橋駅西口の公衆トイレです。改修前は和式両用1室のみで、しかも個室が狭いなど陳腐化が目立っていました。
DSC_1377

構造は、男性専用、男女兼用多機能トイレの形です。「セブンやファミマのトイレに似ている」
出来たてで悪臭はありませんでした。
DSC_1379

男性専用トイレの手洗い器は、L870を使用しています。手動式です。せっかくの新品なので自動式アクアオートのL350CM辺りを使って欲しかった所です。
DSC_1378

小便器はUFS900Rを1台使用しています。公衆トイレでもこのタイプが増えてきたように感じます。

TOTOさん、すばらしいデザインですね~

DSC_1381

多機能トイレです。洗面台はこちらはTL19AR?を使用しています。こちらはオートストップで、ボタンを押すと水が流れますが、そのままにすると自動で止まります。自動式と手動式の中間みたいな感じです。
DSC_1380

小便器がUFS900とするとウォシュレットを想像させますがここは残念ながらウォシュレットはなく、普通便座「TC291J?」が入っていました。2019年なのでウォシュレットが付くのかなと思いましたが期待外れでした……絶対につけるべきだと思います。
DSC_1382

ウォシュレットはないですが、汚物流しとベビーシートはあります。ここでの設備は1つや2つ★をプラスですね~汚物流しやベビーシートは公衆トイレではまだ少ないと思うので、公衆トイレの中ではワンランク上の設備だと思われますが…
悪臭☆☆☆☆☆
設備★★★★☆
使いやすさ★★★☆☆
混雑度★★★☆☆
雰囲気「快適度」★★★★☆
全体評価★★★★☆

やはりウォシュレットなしというのが設備の★のマイナスを呼んでしまいます…まぁ公衆トイレなので破壊とかがあるので仕方ないと思いますが今の時代、ウォシュレットがないのはちょっとな…といつも思ってしまいます…

こんにちは(^_^)今回の舞台は東京板橋!自分の高校がある場所です。今回は板橋駅近くのとある場所のトイレを見てきました~
DSC_1214

ここは板橋区の施設で、ホールなどがあります。規模は小さいです。2階建てですが、トイレは両階にあります。さぁ両階のトイレだと入口の階が規模が大きい時が多いですがここはどうでしょうか~

🚻1階トイレ
DSC_1205

1階トイレはこのように入り口前に扉があります。多機能トイレもありましたが鍵がかけられていて許可を取らないと使えないようになっています。そのため撮影はしていません。
DSC_1207

洗面台はINAXのLF-830S?を2台使用しています。蛇口の形が特徴ですね。液体石鹸の他に市販の石鹸もありました。手洗いの正しいやり方の表が貼ってありました。
DSC_1206

1階のトイレは小規模になっており、INAXのU-321RMを2台使用しています。手すりはありますが、なぜか奥の1台です。センサーも特徴的ですね。このセンサーは最初見たときはもっと後に発売されたと思いました。「ここの建物は2002年頃竣工」
DSC_1208

大便器は洋式1室でINAXのC-4Rを使用しています。配管の取り回しからすると元は和式だったのではないかと思います。
便座は暖房便座です。

🚻2階トイレ
DSC_1209

2階のトイレに行きます。ここには入り口に扉はありません。規模は変わってるか変わってないか⁉️
DSC_1210

洗面台は1台増え3台使用しています。
INAXのLF-830Sを使用しています。石鹸は液体石けんですが市販の石鹸は無くなっていました。こちらも壁に手の正しい洗い方が張ってありましたw
Screenshot_20190417-161039

小便器は4台増え、6台になりました。INAXのU-321RMを使用しています。
1番左側には手すりがあります。エラーが起きたため、写真アルバムから転載しています。
DSC_1212

2階トイレの個室は和式1室、洋式1室です。和式はINAXのC-852Mを使用しています。掃除口と思われる丸い穴もあります。
DSC_1213

洋式はC-4Rを使用しています。1階と違い、最初から洋式だったと思います。こちらも暖房便座でした。
悪臭☆☆☆☆☆
使いやすさ★★★☆☆
設備★★☆☆☆
混雑度★★☆☆☆
雰囲気「快適度」★★★☆☆
総合評価★★★☆☆
ここのトイレは2階の方が規模が大きかったですね。評価は★3つです。「アレ」があればもう1つプラスしてたかもしれません「アレ」の物はもうお分かりですね(笑) 
久しぶりのINAXシリーズでした!

こんばんは(^_^)最近他の事にはまってトイレのことが全然できていませんでしたが、今回久しぶりのブログ投稿となります~今回は埼玉の数少ない観光スポット、川越からです(^_^)
和菓子店のトイレというと、筒型小便器U100とかが浮かび上がりますよね!いつから販売されてるかは不明ですが
今回のトイレはどうなってるのか~さっそく取材しました
※事前に許可はいただいております
DSC_1065

外観です。花見シーズンで客が多く、撮影には苦労しました。
トイレは、男女兼用で、分かりにくいところにあります。詳しくは後述
DSC_1061

一見ここにトイレはないように見えますが、実はここの小さい低い扉を開けて少し行ったところにあります。因みにここは土足禁止で、1回間違えて土足で入りましたorz,
DSC_1057

洗面台は外にあり、TOTOのL5を使用しています。
DSC_1056

小便器は男女兼用ですがしっかりあります。TOTOのU53を使用しています。この規模のトイレではこの大きさで十分でしょう。見えにくいですがスリッパも2足あります
DSC_1059

和式はC375V。古い公共施設や公衆便所などでよく見かけます。飲食店のトイレは和式両用が多いですがここは一般型です。レバーが1世代前なので1980年代前半に建てられたと思います。
悪臭☆☆☆☆☆
設備★★☆☆☆
使いやすさ★★☆☆☆
混雑度★☆☆☆☆
雰囲気「快適度」★★☆☆☆
総合評価★★☆☆☆
ここで食べた食べ物としてはTwitterへどうぞ💁
男女兼用ですが、場所が分かりにくいので使用率は10時間ほどの営業時間に10人ぐらいしか利用しないほどだと思います。ただこのパターンは迷路みたいで面白いのでこれはこれで楽しいです(^_^)

↑このページのトップヘ