DSC_0162

中央本線にある小さな無人駅です。無人駅ですが、当駅は運行上の重要な駅で、多くの普通列車が特急列車の待避をします。当駅を含む大月~塩山の途中駅では待避駅が当駅しかないためです。

DSC_0161

“”男性トイレ“”らしく内装は青を基調にしています。和式が見える限り、竣工年はそこそこ古いようです。90年代頃に水洗化され、以前は汲み取り式だったと思います。
トイレは男女別です。

男性トイレ🚹️
多機能トイレなし
★器具カラー/パステルアイボリー(TOTO品番 #SC1)

DSC_0156

洗面台はTOTOのL245CUを使用しています。蛇口は自動水栓です。無人駅ですが贅沢に市販の石鹸が2つも設置されています。なぜ2つあるかは不明ですが、無くなるのを防ぐためだと思います。これはありがたい。

DSC_0155

小便器はTOTOのU307「H」をr字型に2台設置されています。手すりはありません。洗浄方式は押しボタン式です。これは一見普通のU307Cに見えるのですが、当駅は標高が高く冬場は凍結しやすい地域です。そのため寒冷地用のU307Hが設置されるのです。洗浄中にヒーターが作動し凍結を防止しています。なぜか小便器のトラップがありません。

DSC_0159

小便器上には荷物置きの台が設置されています。

DSC_0158

大便器個室は和式1室のみで、TOTOのC137Vを使用しています。こちらも寒冷地用の便器を使用しており、通常のC750VやC375Vとは異なり、洗浄口が逆になっているのが特徴です。紙は設置されており、またこのトイレ唯一の手すりも設置されています。

悪臭★☆☆☆☆
設備★★☆☆☆
使いやすさ★★☆☆☆
混雑度★☆☆☆☆
快適度★★★☆☆
総合評価★★☆☆☆

無人駅らしく簡素な設備で大便器個室も和式しかなく、また乳児用器具もありませんでしたが、石鹸が2つ設置されていたり、和式個室内に手すりが設置されていたりと設備面としてはそこまで悪くなかったような感じです。しっかり男女別になっているところも高評価です。